手作りを沢山して、子供と楽しみたい。


by ransun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:お勧め ( 77 ) タグの人気記事

f0203580_118289.jpg

f0203580_1194486.jpg

銭函から戻り、チケットを持っていたので見に行ってきました。
大きなスペースでは無いので、さほど期待していなかったのですが、
そこは太郎さん・・・常人とは違う!!
感動してしまいました。

f0203580_125266.jpg

行って良かった。

考えてみると、太郎作品をまともに見るのって初めてだったんだなぁ・・・。

生誕100年の太郎さん。

この100年で、これだけのスケールの仕事をした日本の芸術家って、皆無でしょうね。

作品のスケール感も・・・どちらも憧れですね。

作家にとっては、夢ですよね。

展示を見ていると、大阪万博の熱気とか体験してみたかったと思うし、

当時の太陽の塔の中も巡って歩きたい。

タイムスリップして見てみたいなぁ・・・

東京オリンピックのメダルと雛形、


f0203580_1264390.jpg


札幌雪祭りの雪像(女神像)の原型、
f0203580_1291056.jpg



その時代の先端に太郎の作品が共にあったんですよね・・・

普通の美術館では、あまり見かけないような客層だったり、

子供まで作品を楽しんでいたり、

グッズも大盛況で、太郎ちゃんとかいいながら親子で選んでいたり、

亡くなった後も愛される岡本太郎。

作家冥利に尽きますよね~こんな事って。

岡本太郎の偉大さを改めて悟った展示でした。


出口に、太郎の一言みたいな箱をひいてみると、こんな言葉が・・・


f0203580_1353940.jpg


友達と今の私達にぴったりの言葉だから忘れないようにブログに載せてくれと言うので・・・

載せたからね~!

太郎も海もライブも最高だったね~。

1年振りに逢えて嬉しかったよ。また来てね☆☆☆
f0203580_1455170.jpg

おまけ ↓ 太郎等身大  ちっさっかった。


f0203580_147211.jpg


画像はデカッ emoticon-0170-ninja.gif
[PR]
by ransun | 2011-11-15 06:36 | アート
9月30日、息子秋休みで帰省。


私はというと、9月いっぱいで見れなくなる映画チケットが1枚あったので、


一人で映画を見に行く(家族皆から断られた)


どの映画を見るか迷って結局、


「僕達は世界を変えることができない」を見てきました。

f0203580_031456.jpg

医大生のコータ(向井理)は友人たちと楽しい日常を過ごしていたが、何か物足りなく感じていた。
ある日、海外支援のパンフレットに目が止まったコータは、
すぐに知り合い全員に「カンボジアに学校を建てよう!」とメールを送る。

実際に現地へリサーチに行くまでに活動を本格化させるが、
そこには想像以上の現実が待ち構えていて……
                                

                                シネマトゥデイより、あらすじ




実際にあったお話なので、


向井理が演じているのだけど、ドキュメントを見ているよう気持ちになる映画でした。


カンボジアの非情な現実(貧困、エイズ、地雷、耐え難い歴史など)を知り大学生たちが、


無力感を感じたりしながらも、


それでも知ることによって行動が生まれ、


なにもしないで居るのとは違う現実を生み出していく。


そうして、学校が建設されたのだから。


映画を見ていると、見ている私たちも、


大学生たちが受けたショックと同じ種類の衝撃を受ける。


そして150万円で、


学校が作ることが出来て、沢山の子供たちを助ける事を知った息子は、


現在選んだ進路を迷わせ混沌とさせた程の影響がありました。
(150万円の価値の大きさに、驚いたのです)


いろいろな意味で、日本だけ知っていれば良いのではなくて、


世界には色々な環境があるって事に、もっと関心を持つべきだなぁ・・・と反省も。


あと、あんまり考え無しに本能的に学校建設を目指した医大生の葉田甲太さんは、


偽善者とネットで叩かれたり痛い目にもあったりするのですが、


学校建設をやりとげた後、医者になり今もカンボジアの為に尽力しているそうです。


彼の書いた本が、


映画になり、いろいろな人に何かをしようとする勇気を与えているのだから凄い事だと思いました。



DVDで見れるようになったら、ご覧になっては!         お勧めですよ。


                          やっと、9月の記録おわり。次は10月。
[PR]
by ransun | 2011-10-28 23:50 | 映 画

NHK高校講座  地理

最近ニュースで、とうもろこしなどの穀物の高騰が、発展途上国の貧困と

飢餓を招いている・・・等のニュースを見て、もしかするとそんな話題にも

触れるかもと思いつつ見ていたら、とても詳しく説明されていて勉強になった。

HP(クリックでサイトへ)はどうなのかな・・・

と思い検索してみたら、これが又凄く充実していて動画も見ることが出来るし、

内容がまとめられてもいるし、おまけに理解度チェックまで・・・NHK恐るべし。


講座の内容で初めて知ったのは・・・


先進国の人が、美味しい牛肉を食べるために、餌としてとうもろこしが使われ、


その為にとうもろこしの価格が高騰し、


穀物を買えない発展途上国の人達が飢餓で苦しんでいる事を知りました




私は色んなことを知らずにいるんだなぁと改めて思いました。


高校講座で勉強しょうかなぁ。


他の講座はどうなのかな・・・興味深いemoticon-0125-mmm.gif
[PR]
by ransun | 2011-09-01 23:57 | 本 感想

ブラック スワン

f0203580_042336.jpg

抽選で映画のチケットが当たったので見に行ってきた。
バレエがメインの映画ってあんまり無いので、とても楽しみにしていました。

あらすじは、

ニューヨークの名門バレエカンパニーに所属するニナは
熱心に練習に励み才能にも恵まれ、新作の白鳥の湖のメイン、
プリマの座を次こそはと狙っていた。

舞台監督のトーマスもニナをプリマ候補に考えていたが、
新作の舞台ではメインの白鳥は、純真な白鳥と奔放で邪悪な黒鳥を演じ分けなければいけない。
純真で優等生のニナは白鳥には最適だったが、黒鳥を演じるには不十分だった。

そしてもう一人の黒鳥候補リリーの存在が目立ち始め、
ニナは黒鳥の座を誰にも譲ることは出来ないと、更に練習に励むが、公演が近づくにつれ
プレッシャーに押しつぶされていく…。


ニナを演じるナタリーポートマンが本当にリアル。

ニナがまるで実在するバレエダンサーで、フィクションを見ているよう。

だいたい、女優がプリマドンナを踊りつきで演じるなんて、無理がありそうなのに、
大半のシーンは、子供のとき習って以来のバレエを10ヵ月の特訓で演じきったらしいです。
素晴らしい・・・

ポートマンは、リュックベッソン監督の「レオン」でデビュー。
その後、名門ハーバード大学を卒業、動物を大切にする気持ちからベジタリアン。
役柄同様、優等生で潔癖な白鳥のような女優。

プレッシャーとの戦いと、
過保護の母親からのエゴイスティックな愛情から逃れ大人になろうとする事が、
同時に描かれていて、悲劇的な結末を予告している。

バレエダンサーは、大半子供のときから常にバレエ中心の生活を送ってきている人ばかりだと思う。
バレエしか知らないような人も沢山いるだろう。
ピラミッド型に、役に合わせてダンサーが存在し、
その中たった一人だけが、頂点の主役になれる。
厳しくて、残酷な世界・・・
それでも、美しい音楽と舞台に・・・・
そして観客の拍手と歓声の虜にさせられてしまうのが舞台に立つものの性なんでしょうね。

バレエの醍醐味もしっかり描かれていました。

特にバレエママにオススメ。
きっと、一般と違うところで泣けてくるよ。

ナタリーポートマンの黒鳥、かっこよすぎでした。
↑ すっかりファン。
[PR]
by ransun | 2011-06-02 23:27 | 映 画
息子が、中学生時代に師事した絵画の先生のブログです。

飄々とした中に温かみがあり、先生の絵も沢山紹介されていて必見です。

深川から離れてしまって先生の近況が分からなくなってゆく中、

ブログで知ることが出来るようになって嬉しいです。


盛本学史絵画館 oh its モリシャス ← クリック



真ん中娘、修学旅行中。
今日は楽しみにしていたラフティングの日。
[PR]
by ransun | 2011-06-01 22:53 | アート

エリック クラプトン



Tears in heaven 歌詞 ⇔ クリック 



Change The World歌詞 ⇔ クリック 
[PR]
by ransun | 2011-03-15 17:06 | youtube


第1話期待どうりの面白さです。
寺島しのぶの岡本かのこ役・・・迫力ありまくり!
松尾スズキが太郎役← これは見たくなる。変な役似合う人ですよね。
でも視聴率4%も無かったらしい。
ショック・・・

世の中って、こんなに芸術家岡本太郎に興味ないのぉ・・・・・・・・emoticon-0169-dance.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0139-bow.gif


ちょうど、ピカソの事を書いた「マイ・グランパパ ピカソ」を読み終えたタイミングだったので、生きて地獄を見る人って言葉が胸に刺さりました。

この本はピカソの直系の孫が書いた本で、彼の並外れた業績は周囲に犠牲を強いるものだったこと。
作品一つ一つを仕上げるために、息子の血、孫たちの血、妻の血、愛人の血が必要とされたことが、語られている。
実際、ピカソの死直後、筆者の双子の兄が自殺し、父も二年後に死亡、愛人だったマリーテレーズも自殺、ピカソの晩年を身とったジャクリーヌも自殺・・・

読み終えた後、壮絶すぎてぐったりしてしまいました。
でも、本当の愛が無ければ、わざわざピカソの死後死ぬことは無いわけで、生きて共に地獄を見た人間がピカソが死んでしまった後生きる意味を無くしてしまったようにも思われ、本を読む限り、人でなしすぎるピカソだけれども、愛さずにはいられない魅力の人でもあったんだろうなぁと思いました。

筆者のマリーナ・ピカソは14年に渡る精神分析とリハビリの末壊れた心を取り戻し今は、べトナムの孤児の為の仕事などをしていて平安に暮らしているそうです。


鳩を描きたければ、
まずそいつの首を締めることだ
             パブロ・ピカソ   



嫌ですね・・・  
こんな事を言う人   例え天才だとしても  emoticon-0145-shake.gifemoticon-0146-punch.gif
f0203580_15332621.jpg
 
↑  昨年、遠くのキミが撮影した太陽の塔
     
[PR]
by ransun | 2011-02-28 11:16 | アート

チーズケーキバーレシピ

f0203580_111233.jpg
f0203580_122149.jpg


材 料
(20cm×15cmのバット1枚分)
クリームチーズ 200g
全卵 2個
薄力粉 大さじ3
生クリーム 200cc
グラニュー糖 70g
マリービスケット 90g
溶かしバター(マーガリン) 40g
レモン汁 大さじ1

作り方
1
  型にクッキングシートをしく。卵は溶いておく。
  薄力粉をふるう。オーブンを180度にあたためておく。


2
  台を作る。
  ビスケットはすり鉢に入れ、細かく砕く。
  溶かしバターを加えてよく混ぜる。
3
  2を型に入れ、指で押しながら、平らに敷き詰める。
4
  ボウルにクリームチーズを入れてゴムべらで練る。
  レンジでチンするか、湯せんをしながら作業するとやりやすい。


5
  グラニュー糖、溶き卵、薄力粉、生クリーム、レモン汁を順番に加え、そのつどよく混ぜる。


6
  3に5を流し入れ、180度のオーブンで45分焼く。 
  竹串をさして、生地がついてこなければよい。

7
  冷めたら、クッキングシートをはがし、お好みの大きさに切る。



このレシピは、チーズの量のわりに大きめに作れてボリュームがあって良いですよ。
[PR]
by ransun | 2011-02-21 23:31 | レシピ

可愛い映画

f0203580_11275525.jpg


「ウィンキーと白い馬」 内容(「Oricon」データベースより)
オランダでチャイニーズレストランを開いている父親と暮らすため、少女ウィンキーは母親と中国からやってきた。学校になじめない彼女はある日、町で迷い馬に出会う。馬は近くの牧場で飼われているサーチャだった。孤独だった彼女は両親に内緒で毎日サーチャに会いに行き心を通わせる。セント・ニコラスの日が近づくと、彼女は馬のプレゼントを熱心に祈り、セント・ニコラスがプレゼントを運んでくる学校行事の日がやってくるが…。

一番最近見た映画。
最近、子供たちと一緒に見て楽しい映画を探していて見つけた作品。
ストーリーはひたすら単純なんだけど、ウィンキーの馬に懸ける懸命な可愛い思いにほだされます。
見終わった後とても心が癒されてました。
映画の中の色彩も美しくてオランダとアジアが絶妙に融合。
お勧めです。



f0203580_114215.jpg

「かえるくんとマックス」 内容(「Oricon」データベースより)
モンテビデオ国際子供映画祭最優秀作品賞受賞。「ネコのミヌース」「ボクの熱気球」のレミング・フィルム製作。
青空、原っぱ、森、水辺。野生の植物、虫や動物、カエル。忘れていた風景がある。
知らなかった自然がある。登場人物は誰もが心優しい普通の人々。
子供だけでなく大人にも、大人にこそ見てほしい世界。
約束と友情の絆が芽生えた小さな冒険の旅を描く。

偶然だったのですが 「ウィンキーと白い馬」の製作スタッフによる最近の映画でした。
カエルの卵を見つけないと、お兄ちゃんが二度と口がきけなくなるというウソを信じてしまったマックス。
探す間で知り合う少女イェッサとともに卵探しの冒険へ。
子供が成長する中で、眼に触れる景色や生き物、周りにいる優しい人々・・・
こういった環境が在るのと無いのでは全く違うんだろうなぁと思う。
可愛いマックスとイェッサたちの様子に自然と頬が緩みます。



f0203580_1263219.jpg


「ヘイフラワーとキルトシュー」内容(「キネマ旬報社」データベースより)
7歳と5歳のキュートな姉妹が周囲の人々と織り成す日常を描いたファミリームービー。しっかり者の女の子・ヘイフラワーは、ジャガイモのことしか頭にないパパと家事ができないママに代わって、わがまま放題の妹・キルトシューの面倒を見てきたのだが…。

ヘイフラワーとキルトシュー姉妹の関係が我が家の娘の関係にとても通ずるものがあって笑いながら観ました。
末娘は否定していたけど・・・そして姉の事をヘイフラワー程優しくないと・・・
いつも優しいお姉ちゃんは突然家族に反旗を起こします。
北欧のおしゃれな雰囲気の画像だけでも十分に楽しめますが、子供は小さな子でも大人が思っているより家族が仲良く幸せに過ごせる為に胸を痛めている・・・といった大切なメッセージも見逃せません。


これらの映画を観ていると、子供って親だけでなく社会が育てるものなんだなって思います。
私個人では「ウィンキーと白い馬」が一番お気に入りだけど娘たちは「ヘイフラワーとキルトシュー」と「かえるくんとマックス」がお気に入りでした。
[PR]
by ransun | 2011-01-20 10:19 | 映 画
f0203580_1031422.jpg

ちょうど良いのが手に入らないと、夫に話していたら作ってくれました。
お手製なので、中に入っているお菓子も干し梅とかの駄菓子から外国のチョコレートまでバラエティにとんでいます。
早速今日の朝一日目を開いてました♪
クリスマスの日まで一日一個楽しめます。emoticon-0155-flower.gifemoticon-0159-music.gifemoticon-0123-party.gif
[PR]
by ransun | 2010-12-01 10:10 | 家のこと