手作りを沢山して、子供と楽しみたい。


by ransun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
入寮式が終わり、温泉で懇親会がありました。

会がすすみ、自己紹介がはじまりました。

四十二人の中道外から来られてる方が、十人以上全国各地からいらしてました。

クロカン目的の方二、三名。

道外から、来た方はHPで調べてとか、TVの特集を見てとか、新聞の特集を見てなど、子供がこの学校を、自分で探し、発見して親の反対を乗り越えて、運命の場所と信じ入学された方が大半でした。
その分、親御さんも思いがけなかったようで、涙で話されている方もいらっしゃいました。
また、自分の家が一番音威子府から遠いと思ってたのに沖縄から来てる方も居てがっかりでしたと笑いながら話されてる方も居ました。

私は、道外からお子様を入学させることが出来る親御さんと直接接して子供を信じて手放す勇気のある、その愛情に心から敬意と感動を覚えました。

道内から入学された方は、小さなときからものづくりが好きでここに入学することが当然なんだと言張る子供の意思を通してあげた方々が大半で、これだけ気迫があって製作に夢中な子供達と、三年間過ごせるって事は素晴らしい事なんだよと、キミに伝えたい。

担任の先生の、この村は魔法にかかった村。ここにいれば、必ずみんな優しくなれる。
必ず成長できる。仲間が家族になれる。人は皆それぞれ違う。それぞれの成長も違う。苦手なことで自分は駄目だとは思わず得意なとこをとことん伸ばしていこう。そして、それぞれ認めていこう。私にとっても教員生活の中一番きらめく三年になると思うの言葉に胸が熱くなりました。
[PR]
# by ransun | 2009-04-11 10:36 | キミのこと

昨日の続き・・・


それは、プレッシャーがあったから040.gif040.gif

早朝家を出て、大量な荷物を車に積み込み、彼方へ出発。
寮に荷物を運び入れ終るまで,そして入学手続きがおわるまでは、気が抜けなかった。

遠い道のりも、キミにとっては、遠くなかったようですね。
どんどん近づく手塩の大自然。広がる山々、大きく流れる天塩川・・・・

その時のキミの気持ちを思うと、今でも胸がつまります。

そして、まだ雪の残る山のふもとには鳥居、鳥居の眼の前には、これから生活を始める学校がそびえていたのでした。

慌しく全ての手続きを終え、入寮式。
式では、T先生の言葉が、とても心に残りました。
「キミ達はとても凄いよ。キミ達は、まだ15才という年齢なのに自分の人生を決めて、ただ一人で夢を、実現するために、やってきた。私達は、そういう君たちを、とても尊敬している」
そんなことを、おっしゃてました。

ここから、翌日の夕方六時まで私の 涙 泪 なみだ 号泣は終ることなく続く。
あまりに、泣いたのでいまだに顔痛いです048.gif

入寮式を終え、キミとお別れ。キミの制服姿とても似合ってた。かるく記念撮影。

写真のなかで、笑うキミは、少し淋しそうでした。
[PR]
# by ransun | 2009-04-11 09:19 | キミのこと
四月八日が入寮日でした。
朝早く、出発しなければならない彼を、起こしにいくと、布団の中で泣いてました。
小学生の頃から、泣かなかったキミが泣く・・

念願の学校でも、三月に誕生日を迎えたまだ、15才になりたての少年だものね。

気がつくと、言っちゃってました。
どうしても無理なら帰っておいで・・・・

でも、私、この時はまだ、冷静でした。

何故かと言うと、

つづきは後ほど・・・
[PR]
# by ransun | 2009-04-10 09:48 | キミのこと

サクラ咲く 

はじめまして。
今日から、毎日更新するつもりです。
我が家には、高校生になってばかりの息子と、中学生と、小学生の妹達の五人家族です。
春から寮生活を始めた息子に、離れて暮らしていても、そばに居るような気分で居てもらいたいという気持ちスタートしました。

残された家族の日々をつづります。

あと、手作りが好きなので、いろいろ挑戦してみます。
一日一個を目標に056.gif
[PR]
# by ransun | 2009-04-10 09:32 | R