「ほっ」と。キャンペーン

手作りを沢山して、子供と楽しみたい。


by ransun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0203580_23302256.jpg


f0203580_23304016.jpg

一番大きな作品と清武君  春から教育大の大学院へ進学されるそうです


f0203580_23581185.jpg



f0203580_23583917.jpg


f0203580_23595489.jpg


f0203580_042971.jpg

上の作品販売していました。  左から二番目の作品お気に入り。  



開催されたのは二月だったので、もうだいぶ時間が過ぎてしまいました。

ですが、その時に感じた空気感はそのまま自分に残っている気がします。

昨年、道展で清武君の作品を見た時も思ったのですが、

作品の存在感が凄くて、沢山の作品が並ぶ道展の中であってもとっても目立っていました。

これって凄い事ではと・・・思ってました。

今回の展示ではそんな作品が集まっていましたので当然、凄い迫力です。

今、時間が経ってから考えると、自然の中にいるような力強さを感じ、

どうしてそんなことが出来るのかなぁと思います。

不思議です。 それが芸術なんですよね。

これからますます 活躍されることでしょう。


楽しみですね。
[PR]
by ransun | 2012-04-08 23:27


3・11アメリカ同時多発テロで父を亡くした9歳の少年オスカーは、1年が経とうとするのに、どうしても父の突然の死を受け入れることができない。ある日、そのままになっていた父のクローゼットで、"ブラック"と書かれた封筒に1つのカギを見つける。彼はそこに父からの最後のメッセージがあると信じて、そのカギに合う"カギ穴"を探す旅を開始する。人と触れ合うことが苦手なオスカーだったが、父との思い出を勇気に変えて、ニューヨークに住む全472人の"ブラック"さんをひとりひとり訪ねていく。果たして、オスカーはカギ穴の向こうにある真実へとたどり着けるのだろうか……。




父からの最後のメッセージが欲しくて、怖がりながらも乗り越えながら旅を続け、
そこで出会う人々に癒され変わってゆく少年の姿に涙・・・

死んでしまったお父さんも、少年を見守るお母さんも理想的な在り方に思えました。

子供を成長させてゆくって事は本当に時間がかかる事だし、

親の方も緊張することだけど、子供って知らず知らずのうちに色々な人々から育てられいて、

そんなに肩肘張って緊張しなくても、大丈夫だったのに・・・・・

って今更思います。


家の子供たちも、映画の少年みたいに、素敵に跳んで欲しいな。


大好きな映画、「リトルダンサー」の監督が撮った映画で楽しみだった作品。

良作でした。  お勧めです☆☆☆
[PR]
by ransun | 2012-04-02 20:43 | 映 画

2月の日々

送り迎えだらけの日々・・・あっちこっち
f0203580_16162546.jpg


f0203580_1616451.jpg


f0203580_16173020.jpg

お菓子で励ます
些細なことでも喜ぶ

f0203580_16322414.jpg


手作りチョコ  2012
f0203580_16335990.jpg
f0203580_16341766.jpg


雪ミク電車2012 目撃 !!
f0203580_1639356.jpg

初音ミクが好きな末娘に、人形購入の整理券ゲットをせがまれファクトリーで並び風邪をひく
しかも寒くて途中で挫折・・・朝から並ぶ強者も。  絶対無理~
f0203580_16395542.jpg

吹雪のなかを走る
f0203580_1640940.jpg

[PR]
by ransun | 2012-04-02 16:48 | 家のこと