手作りを沢山して、子供と楽しみたい。


by ransun

<   2011年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧



第1話期待どうりの面白さです。
寺島しのぶの岡本かのこ役・・・迫力ありまくり!
松尾スズキが太郎役← これは見たくなる。変な役似合う人ですよね。
でも視聴率4%も無かったらしい。
ショック・・・

世の中って、こんなに芸術家岡本太郎に興味ないのぉ・・・・・・・・emoticon-0169-dance.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0139-bow.gif


ちょうど、ピカソの事を書いた「マイ・グランパパ ピカソ」を読み終えたタイミングだったので、生きて地獄を見る人って言葉が胸に刺さりました。

この本はピカソの直系の孫が書いた本で、彼の並外れた業績は周囲に犠牲を強いるものだったこと。
作品一つ一つを仕上げるために、息子の血、孫たちの血、妻の血、愛人の血が必要とされたことが、語られている。
実際、ピカソの死直後、筆者の双子の兄が自殺し、父も二年後に死亡、愛人だったマリーテレーズも自殺、ピカソの晩年を身とったジャクリーヌも自殺・・・

読み終えた後、壮絶すぎてぐったりしてしまいました。
でも、本当の愛が無ければ、わざわざピカソの死後死ぬことは無いわけで、生きて共に地獄を見た人間がピカソが死んでしまった後生きる意味を無くしてしまったようにも思われ、本を読む限り、人でなしすぎるピカソだけれども、愛さずにはいられない魅力の人でもあったんだろうなぁと思いました。

筆者のマリーナ・ピカソは14年に渡る精神分析とリハビリの末壊れた心を取り戻し今は、べトナムの孤児の為の仕事などをしていて平安に暮らしているそうです。


鳩を描きたければ、
まずそいつの首を締めることだ
             パブロ・ピカソ   



嫌ですね・・・  
こんな事を言う人   例え天才だとしても  emoticon-0145-shake.gifemoticon-0146-punch.gif
f0203580_15332621.jpg
 
↑  昨年、遠くのキミが撮影した太陽の塔
     
[PR]
by ransun | 2011-02-28 11:16 | アート
f0203580_10535862.jpg

今からちょうど、5年前初めて札幌ジュニアジャズスクールの卒業ライブを見に行って以来、毎年案内が送られてくる。
今までは、深川だったのでなかなか見に行くことが出来なかったけど久々に行くことが出来た。

五年前には、今をときめく高校生ジャズサックス奏者寺久保エレナちゃんがスクールに在籍していて、凄い演奏をしていて見ごたえたっぷりでした。
昨年、メジャーデビューをして大活躍ですね。
 
久々に見るライブは、子供たちが真剣に、そして楽しんで演奏している姿はキラキラでした。
小学生の部と中学生の部があるんですけど、中学生くらいになるとジャズが好きで好きでたまらないって感じのプロを目指して行くんだろうなぁと思わせるような演奏の子もいて面白いです。

午前中バレエの見学に行く予定だったのに、末娘に突然行かないと言われてとうとう完全にバレエを辞める日が来てしまった日の午後からのライブだったので舞台で輝く子供たちを見ると、もう舞台で娘を見ることは出来ないんだなって、しんみりしました。

舞台って本当に素晴らしいな・・・
とても愉しませてもらえた時間でした。

札幌市でのジャズのイベントもここ数年増えているので、野外ライブとか行ってみたいです。
最近プロのバレエ団はあんまり来てない。残念・・・


[PR]
by ransun | 2011-02-26 23:15 | youtube

お菓子いろいろ

f0203580_22421573.jpg

f0203580_2243279.jpg


寒天グレープフルーツゼリー  見た目が可愛くて食べやすい!
f0203580_22364017.jpg


米粉の蒸しパン        もちっとしています。
f0203580_22481654.jpg


パウンドケーキ        ヘルシオ・・蒸し料理にもバチッりです。 
[PR]
by ransun | 2011-02-25 22:27 | レシピ

エジプト革命

f0203580_20482042.jpg


子供の時から1番行ってみたい国は何故かエジプトでした。
新婚旅行で夢が叶い、初めての海外旅行はエジプト。
憧れだったスフィンクスやピラミッド・・そして王家の谷。
でも、実際見て一番感動したのはルクソール神殿でした。(アブ・シンベル大神殿に行っていたら違ったかもしれませんが)
想像を超えた大きさとスケールで、この神殿に彩色されていたとか天井があったらしいとか聞くと考えられない感じで、ワクワクが止まりませんでした。
夜には、ライトアップされて音と光のショー(画像参照)の中、神殿の中を歩くことが出来てた事も忘れられない思い出。

エジプトの街並みも印象的で、陽気なエジプト人の口車にのせられて買うつもりのないものまで買ってしまったり、とにかく面白い。

それから何年も時が過ぎたけど、ソビエトがロシアになったり、中国やインド等がどんどん近代化していく中で、自分の中のエジプトの印象はあんまり変らなかった。
考えてみると、私の新婚旅行の時は既にムバラク大統領だったわけで・・・
なんて長い期間の独裁。

エジプトで最も偉大なるファラオは第19王朝のラムセス2世(在位前1279年ごろ~前1213年ごろ)」で67年の長きにわたってエジプトを統治し、アブ・シンベル大神殿に代表される巨大な建造物を、エジプトの各地に次々とつくっていった。

ルクソール神殿も大半はラムセス2世によって建造されたもの。
ちなみに日本は弥生時代でした。

永い眠りから覚めたエジプトがどんな国に変ってゆくのでしょうか。




最後に、ギザのスフィンクスの前での、ナポレオンの言葉

  「この像が建てられてから2000年後、アレキサンダーがここに立った。
    シーザーもここに立った。」
  
  「それから2000年後、私(ナポレオン)がここに立っている。」
  
「諸君、4000年の歴史が君たちを見下ろしているのだ。」
 
 
[PR]
by ransun | 2011-02-24 20:48
f0203580_042983.jpg


↑ 枝豆パンとか梅干パンとか変なパンにチャレンジ・・

オーブンが壊れてしまって、ヘルシオを購入してから数か月・・
やっと使い勝手が良くなってきた。

以前のオ-ブンは15年くらい使っていたので比較するのはあんまりかもしれないけど、出来栄え違いすぎ・・

しかも、上下の二段に使えるものを購入したので便利。
ピザはパリッと仕上がるし、プリンは程よくしっとりなめらかに。
パンも今までとの違いに家族からの反応も上々。
機械の性能でこんなに違うなんて。
f0203580_028050.jpg


ところで、我が家のプリンは超適当なんです。
カラメルソースは使いたいときにいつでも使えるように作り置きしています。
f0203580_0292692.jpg


カラメルソース作り方
■ 材料 (約350g)
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・300g
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・50g
水’・・・・・・・・・・・・・・・・・・120g

鍋の中に砂糖・水を入れて混ぜ、火にかける。
グツグツしてきて色がつき始めたら鍋を揺すり、全体に色が付くまで煮詰めます。
良い色が付いたら火を止める。
木ベラなどに沿って水’を加えて出来上がり♪ ※勢いよく蒸気が上がるのでやけどに注意。

我が家適当プリンの作り方 ↓

200CCの軽量カップを用意。
卵を一個割りいれて、カップぎりぎりになるように牛乳を足す。
二回分で、プリン3個分くらい出来るくらいかな。
作りたい個数にあわせて繰り返しボールに入れる。
ボールの中身を混ざったら、コーヒーに砂糖を入れるような感覚で砂糖を入れて再び混ぜる。
味見をして甘くて美味しいと感じたら、こし器でこした後、バニラエッセンスを入れる。
カップにカラメルソースを入れた後、プリン液を入れて蒸し器で蒸しても良いし、オーブンで蒸し焼きにしても良いです。
蒸し器の場合最初強火で2分、その後弱火で20分位です。
オーブンの場合、天板に湯をはって160度で20分。
固まってなかったら時間を増やして様子をみて下さい。

超簡単に出来るわりに美味しいです♪


今、図書館から借りたマイ・グランパパ・ピカソって本を読んでいる途中なんだけどピカソ酷い人過ぎて閉口・・
読み終えて面白かったら感想載せるかも。
[PR]
by ransun | 2011-02-23 23:55 | レシピ

チーズケーキバーレシピ

f0203580_111233.jpg
f0203580_122149.jpg


材 料
(20cm×15cmのバット1枚分)
クリームチーズ 200g
全卵 2個
薄力粉 大さじ3
生クリーム 200cc
グラニュー糖 70g
マリービスケット 90g
溶かしバター(マーガリン) 40g
レモン汁 大さじ1

作り方
1
  型にクッキングシートをしく。卵は溶いておく。
  薄力粉をふるう。オーブンを180度にあたためておく。


2
  台を作る。
  ビスケットはすり鉢に入れ、細かく砕く。
  溶かしバターを加えてよく混ぜる。
3
  2を型に入れ、指で押しながら、平らに敷き詰める。
4
  ボウルにクリームチーズを入れてゴムべらで練る。
  レンジでチンするか、湯せんをしながら作業するとやりやすい。


5
  グラニュー糖、溶き卵、薄力粉、生クリーム、レモン汁を順番に加え、そのつどよく混ぜる。


6
  3に5を流し入れ、180度のオーブンで45分焼く。 
  竹串をさして、生地がついてこなければよい。

7
  冷めたら、クッキングシートをはがし、お好みの大きさに切る。



このレシピは、チーズの量のわりに大きめに作れてボリュームがあって良いですよ。
[PR]
by ransun | 2011-02-21 23:31 | レシピ

最近作ったお菓子たち

f0203580_011325.jpg


↑  オレンジゼリー
f0203580_022857.jpg


↑   メレンゲ
f0203580_022536.jpg


↑   スイートポテト


新札幌に行って来た。

プリクラのために・・・

「エリーゼのために・・」みたい。

関係ないけど。

新札幌で撮ったというプリクラを見せてもらって以来、1月づっと言い続けていたのでとうとう。

西区の我が家から新札幌は遠いですね。

私自身大谷地に住んでいた時はしょっちゅう行っていたのですが、久々に行くと遠かった。

わざわざ遠くまで来たかいがあってご満悦の娘達でした。
[PR]
by ransun | 2011-02-20 23:52 | レシピ

バレエについて

f0203580_015078.jpg

深川を去るときは、再びバレエを習うことが当たり前だと思っていた。

ある程度こちらの生活に慣れてからとも思っていた。

札幌に来て3ヶ月が過ぎ見学を始めたけど、しっくりくる教室が見つからなかった。

レベルが高すぎると感じたり、低すぎると感じレッスン内容に疑問を感じたり・・・

二月には決定して始める予定だったけど、部活にも入りたいな・・・と言い始めた。

真ん中娘は、今まで学習の塾に、通ったことは無かったけど札幌に来て不安になったらしく、4月か
らはバレエではなくて、そちらに決めた。高校生になったら又バレエを始めたいらしい。

そのことを聞いたときは、現実も迫って来るから仕方ないと(両方は高額すぎて無理なので)思っていたけど、末娘まで迷い始めるとは思いもしてなかった。

部活でエンジョイしている従妹の話を聞いたりしているうちに、興味が出てきたらしい。

二月に入る土壇場でまさか、決められないって言い出すなんて・・

ガーン・・・」

遠くのキミが絵を辞めるといってもここまでがっくりはしなかったと思う。

10年続けてきたことから離れるって事がこんなに辛いなんて・・・

と、二月の1週目は思っていたのに、二週目を過ぎた今では他の事をやれる時間も出来たし、それを体験のも世界が広がって楽しいかも・・
と思えてきた。

人間てげんきんだなって思う。

この手に握り締めているものは、
いつでも 手放せなきゃ 駄目なんだと思う。
どうしても、今まで、ずっと握ってきたという事実に囚われる。
本当は大切に握り締めてきたものがいつの間にか空っぽになっているかもしれないのに。


握り締めているものを手放してみたら、もっと素敵でかけがえの無いものが、いつのまにかこの手の中にすっぽり納まっていることも、あるのだから。


あ・・でも、もう1箇所だけ最後に見学してみるつもりです。
1番行かせたかったけど、遠くて見送っていた教室に。
悔いなく終了するために。
[PR]
by ransun | 2011-02-18 23:31 | バレエ

↑   She's Gone    初期の頃の曲  カッコイイ !    

先週のSONGSでダリルホール&ジョンオーツ特集やっていた。

懐かしくてキャー!って感じ。

高校生の時、凄く好きだったけどあの頃はあんまりお金が無くてカセットにラジオから録音するか、ベストヒット USAをリアルタイムでビデオに録画する方法しか無かったような・・・
レコードのアルバムを沢山購入できるようになったのは大人になってからだし。

だから、その時以来なんとなくしか聴くことが無かったので、久々に先週からずっとハマッテいます。
音はちょっと古いけど、良い曲ばかりだなぁ ♪

番組見ていて知ったんですけど、ダリルホールはR&Bの影響を凄く受けていたんですね。
知らなかった。

YOUTUBE
Maneater
sara smile
Out of Touch
rich girl
Private eyes
Wait For Me
ONE ON ONE
Kiss on My List
[PR]
by ransun | 2011-02-16 21:30 | youtube
f0203580_2113274.jpg

f0203580_21143557.jpg

 山岸せいじ   「hitobito 8 」  「hitobito 9」
f0203580_21152313.jpg

         「hitobito 10」  「hitobito 11」
f0203580_2116610.jpg

         「hitobito 12 」  「hitobito 13」


山岸せいじさんより案内を、息子に頂いていたのですが本人が行けなかったので私が行って来ました。
会場はコンチネンタル・ギャラリーで行ったことの無いギャラリーでした。
以前から、案内は頂いていましたが深川からだとなかなか行くことが出来なかったので楽しみにしていました。

初めて見る山岸さんの作品は、グループ展なので6枚の写真でした。
作品の前に立つと、自分が雑踏の中で肉体の無い魂になって立っているような錯覚に陥るような気持ちになりました。虚無である自分・・・
写真の周りにはそんな空気感が漂っていました。

丁度会場にいらっしゃった山岸さんにそのまま伝えてみると、山岸さんとしては人が死んでしまって
未だ地上に留まっているような状態・・・のような事をおしゃっていて、自分が感じたことがとても近い感覚だったので凄いと思いました。

過去の作品のアルバムなんかを見せていただいているうちに、作家生活を続けるのを見守っていく為の人生相談みたいになって、とても為になる言葉聞かせていただきました。
出来れば本人に聞かせたかったなぁ。

だんだん年をとるにつれて、今なら経験上解ることも若いうちは白か黒かになってしまい悩みすぎたりするって話をしていた時、そういった事はこれから子供たちは経験しなくちゃいけないことで・・「ああ・・乗り越えていけるのかな」って遠い気分になりましたが、山岸さんみたいな大人に出会えたりすると超えられたりするのかもって思いました。


画像の写真は山岸さん本人に撮って頂きました。貴重・・・emoticon-0160-movie.gif
[PR]
by ransun | 2011-02-15 21:00 | アート