手作りを沢山して、子供と楽しみたい。


by ransun
カレンダー

<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

原色 日本の美術

f0203580_20452699.jpg

ブックオフで本の半額セールをやっていた。
基本安いのに更に半額・・・

以前から欲しいと思っていた本を買いに行ったけれど売れてしまっていた。
古い画集なんだけど、やはり買う人がいるんだなぁと残念。

ですが、前は無かった古本を発見。
原色 日本の美術という本で、昭和42年初版の古い本。
金額を見ると、当時価格で4300円でした。

写真がとても立派で見とれてしまいます。
今これくらい立派な本ってあんまり売れないだろうから、発売される事ってあんまり無さそう。
本の中の、障屏画の金の部分の凄みが良く判るんですよ~豪華!

本当は3冊欲しい巻があったのだけど、迷って一巻だけ(障屏画)にしました。
本のサイズも大きくて見ごたえたっぷり。
400円。065.gif


私が気に入った絵は、日月山水図で近世初頭あたりの作品で作者不明の大阪金剛寺に納められている名品らしいです。↑上の画像

ほかにも格好良い絵があって内容を読んでみると、織田信長が上杉謙信へ贈った(狩野永徳の洛中洛外図)だったり、時代背景も面白いなぁ・・・と思いました。

その頃って、千利休がいたりで芸術に権威があったんでしょうね。
ちょうど夜、大河ドラマに信長が出ていて、この時代の絵なんだ~と思って見ると余計に面白かったです。
[PR]
by ransun | 2011-01-30 20:02 | 本 感想

Alessandra Ferri And Sting

f0203580_161981.jpg

深川の友達が、所用があり札幌へ。
友達の用事が宮の森界隈だったので、マルヤマクラスで落ち合った。

バレエママ友なので、やはりバレエの話三昧に・・・
いまだ、バレエという独特な世界に囚われしまっている。バレエの悩みは尽きないし039.gif

話に夢中になり写真を撮り忘れ、またしてもグルメレポ失敗。
お店に置いてあった懐かしいセブンティーンを代わりに撮ってきた。

レトロ過ぎる~と友達と盛り上がりました。

今回の、二時間ちょっとは短すぎたので今度は札幌に宿とって遊びに来てね。
待ってます☆



バレエ お勧め画像  Alessandra Ferri And Sting

[PR]
by ransun | 2011-01-27 23:50 | バレエ
f0203580_0343699.jpg

f0203580_0361884.jpg

深川からお友達が遊びに来てくれました。
引越しの9月以来だけど、あんまり時を感じませんでした。
相変わらず楽しいお話を沢山してくれて和みました。
ありがとぉ♪

色々なお店に行ったり、韓国家庭料理ソロモン亭でランチしたり(←写真撮り忘れた。とても美味なお店でした056.gif)、狸小路近くのはろー書店に行ってみたり(←閉まっていて残念)、バレエのショップに連れて行ったり、充実。

また、遊びに来てね。待っているよ~♪

札幌駅に向う途中、日本生命札幌ビル2F『station999』へ立ち寄ったところ果澄さんの個展が開催されていました。

見てみたいと思っていた個展だったのに展示の期間が終了してしまった思っていたので、嬉しかったです。

思っていた通りの、暖かく心が穏やかになれる絵の世界でした。
真ん中娘好みの作品。
見せてあげたかった。

絵の風情を、深川のお友達もとても気に入ってました。

果澄さんのHP
f0203580_032163.jpg

[PR]
by ransun | 2011-01-25 23:13 | アート

ビフォー & アフター

ビフォー 
f0203580_2331509.jpg

アフター
f0203580_23335650.jpg
f0203580_23351681.jpg


子供達が、赤ちゃんの時のおもちゃ。
捨てようかなって思ったけど、なんだか忍びないので色を塗ってみた。
筆使うのって難しい008.gif

でも、もう少しおいておこうかな。
[PR]
by ransun | 2011-01-24 23:29 | それなりの一日

ツキネコカフェ

f0203580_23122234.jpg

f0203580_23132926.jpg

動物に触れたくて仕方ない真ん中娘のために、最近ちょっと流行中のネコカフェに行ってみました。
店の内装が手作り感いっぱいのかわいい造り。

次から次へとお客さんがやってきて、賑わっていました。

カップもお皿もネコ尽くしで可愛い。

2階がネココーナーで里親募集のネコちゃんが沢山~。

眠っているネコが大半で、あまり触れることは出来ませんでしたが、娘達は喜んでいましたよ。

f0203580_2316585.jpg

f0203580_23171922.jpg


ツキネコカフェ ブログ
[PR]
by ransun | 2011-01-23 23:00 | 動物


北海道近代美術館講堂にて午後より、川俣 正レクチャーとシンポジウムがあったので行ってみました。

昨年、テンポラリースペースというギャラリーに行った時にやっていた、川俣正 テトラハウス326(1983年に札幌で行われたプロジェクト)アーカイブを見たときの不思議・・・「!?」な気持ちの答えが知りたかったからかもしれない。

一部のレクチャーでは、若いときからこれまでの作品の紹介や解説など。
二部では、参加者からの質問に答える時間が用意されました。

参加した感想は、とにかくびっくりで二日間くらい、


脳が支配されました048.gif



川俣さんは若いころ作りたいと思った場所に、いきなりゲリラ的にホームレスの家みたいな小屋を作っては警察に注意を受けたり連行されたりしたそうです。
唐突に、作った小屋を写真に収めては撤去したり・・・

飾りっけも愛想もない作品。

でも、その作品のあり方が川俣さんそのものようにも思われ、
そんな風に作品が見えてくると、
札幌の一般住宅1件を廃材を使って内外覆い尽くしてしまったテトラハウス・326も、
ニューヨークの廃墟のような島の中を増殖し覆い尽くしてゆくような作品も、
オランダでの麻薬やアルコール依存者達と作った記の渡り廊下(更生クリニックへ渡る道)も、

沢山の人を巻き込みながら、大きな川俣さん自身になってその場所に存在し、記憶には残るけど撤去されてしまう事にも執着しない潔さ・・・
作品はそっけないのに、感覚的で美しい。

いちいちスケールが大きくパワフルでロックな人だな・・・← 表現力に欠けていてすみません。

って思いました。


自分の常識を
信じすぎるのは
さあ、どうだろう?


・・・と問われるような衝撃がありました。
あっ、全て私の勝手な解釈なんですけど・・・


とても面白かったですし、その魅力に嵌る人がいるのは解るなぁ。

レクチャーの時に語っていたのですが、川俣さんは別に素材として木にこだわっている訳ではなく、
技術が無い人でも簡単に扱えて安価だから使っているそうです。
代わりによい物があれば、何でも良いそうです。

あと、「人と一緒に作品を作る場合60%の出来栄えで良いほう。
妥協ではなく、そういうものだと思うし、自分はあんまり熱中してはいない」とか、

「見返りを考えない」

「一緒に作業する中で掴んでゆく」

「段取りをあえて作るけど現場のリアリティに期待する」

「出来るか出来ないかさえも、どうでも良いのかも・・・プロセスかかわりがアート」

「純粋に作ること、作り続けること。それはアート」

「興味があることをしているだけ。自分がしたいことをする。」

「空間をドローイングしている」        印象に残る言葉が色々ありました。カッコイイ!

                      
[PR]
by ransun | 2011-01-22 23:53 | アート

可愛い映画

f0203580_11275525.jpg


「ウィンキーと白い馬」 内容(「Oricon」データベースより)
オランダでチャイニーズレストランを開いている父親と暮らすため、少女ウィンキーは母親と中国からやってきた。学校になじめない彼女はある日、町で迷い馬に出会う。馬は近くの牧場で飼われているサーチャだった。孤独だった彼女は両親に内緒で毎日サーチャに会いに行き心を通わせる。セント・ニコラスの日が近づくと、彼女は馬のプレゼントを熱心に祈り、セント・ニコラスがプレゼントを運んでくる学校行事の日がやってくるが…。

一番最近見た映画。
最近、子供たちと一緒に見て楽しい映画を探していて見つけた作品。
ストーリーはひたすら単純なんだけど、ウィンキーの馬に懸ける懸命な可愛い思いにほだされます。
見終わった後とても心が癒されてました。
映画の中の色彩も美しくてオランダとアジアが絶妙に融合。
お勧めです。



f0203580_114215.jpg

「かえるくんとマックス」 内容(「Oricon」データベースより)
モンテビデオ国際子供映画祭最優秀作品賞受賞。「ネコのミヌース」「ボクの熱気球」のレミング・フィルム製作。
青空、原っぱ、森、水辺。野生の植物、虫や動物、カエル。忘れていた風景がある。
知らなかった自然がある。登場人物は誰もが心優しい普通の人々。
子供だけでなく大人にも、大人にこそ見てほしい世界。
約束と友情の絆が芽生えた小さな冒険の旅を描く。

偶然だったのですが 「ウィンキーと白い馬」の製作スタッフによる最近の映画でした。
カエルの卵を見つけないと、お兄ちゃんが二度と口がきけなくなるというウソを信じてしまったマックス。
探す間で知り合う少女イェッサとともに卵探しの冒険へ。
子供が成長する中で、眼に触れる景色や生き物、周りにいる優しい人々・・・
こういった環境が在るのと無いのでは全く違うんだろうなぁと思う。
可愛いマックスとイェッサたちの様子に自然と頬が緩みます。



f0203580_1263219.jpg


「ヘイフラワーとキルトシュー」内容(「キネマ旬報社」データベースより)
7歳と5歳のキュートな姉妹が周囲の人々と織り成す日常を描いたファミリームービー。しっかり者の女の子・ヘイフラワーは、ジャガイモのことしか頭にないパパと家事ができないママに代わって、わがまま放題の妹・キルトシューの面倒を見てきたのだが…。

ヘイフラワーとキルトシュー姉妹の関係が我が家の娘の関係にとても通ずるものがあって笑いながら観ました。
末娘は否定していたけど・・・そして姉の事をヘイフラワー程優しくないと・・・
いつも優しいお姉ちゃんは突然家族に反旗を起こします。
北欧のおしゃれな雰囲気の画像だけでも十分に楽しめますが、子供は小さな子でも大人が思っているより家族が仲良く幸せに過ごせる為に胸を痛めている・・・といった大切なメッセージも見逃せません。


これらの映画を観ていると、子供って親だけでなく社会が育てるものなんだなって思います。
私個人では「ウィンキーと白い馬」が一番お気に入りだけど娘たちは「ヘイフラワーとキルトシュー」と「かえるくんとマックス」がお気に入りでした。
[PR]
by ransun | 2011-01-20 10:19 | 映 画

自由研究 ♪

f0203580_2244148.jpg

f0203580_2274775.jpg


末娘が明日から始業式のため、慌しい。
早めにやっておけば良いのに、ギリギリにやっている。

今回で自由研究は最後。
長男が小学生だった頃から11年連続で付き合い続けた自由研究も、今回が最後だ。
末娘は、ショッピングの時見かけた洋服を自分で作りたいという高度な目標を立てましたが、
すっかり腰の引けた裁縫が苦手な母の戦略が成功し、髪飾りやシュシュを作ることで合意。

最初は一緒に作り方を教えてましたが、途中から自分で作ることが出来るようになりました。

最後の自由研究大成功☆ 


パチパチ♪024.gif
[PR]
by ransun | 2011-01-18 23:28 | 子育て

北海道神宮

f0203580_23214749.jpg

f0203580_23183554.jpg
f0203580_2319352.jpg


ここの初詣にはまだ行っていなかったので昨日、行ってきました。

けっこうな賑わいで出店もありました。

参拝の後、神棚に飾る、御札とお守りを購入。

そして、自分のおみくじも。


「吉」 だった !

くぅ~!   今年は、いつになく頑張りたい ☆
[PR]
by ransun | 2011-01-16 23:19 | 家のこと

雪だるま

f0203580_2245390.jpg

昨日の朝、家の近くで ゆきだるまを発見。


小さい子が作ったのかな。


可愛いな。


1月12日

キミが音威子府に帰るので好物のお寿司を夫がご馳走してくれるというので、ステラプレイスの回転寿司 根室花まる へ。
平日なのに凄く込んでいて待たなければいけませんでした。
娘たちは寿司よりデザート中心なのでデザートの美味しさと品数が大切みたい。
今度は、なごやか亭やトリトンに行きたいな。

音威子府に帰る前に夜景を撮影して帰りたいといって電車でJRタワー展望室T38に行ったキミでしたが視界不良のため駄目で家に戻ってきました。

食事のために再び駅前に来たので、一緒に行ってみました。
吹雪も納まり、美しい冬の夜景でした。

飲み物が販売されて椅子もあるので夕暮れから夜景に切り替わる時間帯に、今度はゆっくり来てみたいなぁと思いました。
[PR]
by ransun | 2011-01-16 22:09 | 家のこと