手作りを沢山して、子供と楽しみたい。


by ransun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:音楽( 24 )

怒髪天が最高だった件

f0203580_053542.jpg

昨日、友人 と午前中から遊んで夜は怒髪天ライブでした。


カッコイイとか聞き惚れたとかでなくて(いやッ、それも勿論、そうなんだけど)、


面白かったぁ!って感想のライブは初めてだな。


友達とも大騒ぎしちゃって、自然にそんなノリになるライブで、


気持ちが元気いっぱいになれて、楽しかったなぁ。


全人類肯定曲」とか「オトナノススメ」辺りは会場が祭り化していたし・・・


増子さんの「兄貴」っぷりも期待どうりでした。


ううぅ・・・マジで面白すぎでした。


来年も又行きたい。


気がつけば行きたいと思うライブが、中年バンド(エレカシ)とか中年ボーカリスト(スガさん)ばっかだ。


CMしている桃屋のラー油とかメンマとかキムチの素が入り口に沢山並べられて、


皆、携帯で写真を撮ってました。


ミュージックビデオコレクションも購入したし、今日は一日怒髪天でした ♪


[PR]
by ransun | 2011-11-14 00:04 | 音楽
f0203580_167243.jpg

f0203580_167234.jpg

f0203580_167286.jpg

f0203580_167373.jpg

こんな音楽の学校があったら皆、音楽が大好きになってしまうだろうなぁ〜て思う。

四月からスタートした番組で、先月はバッハ編で今月はジャズ編だ。
…バッハ編は番組の存在に気が付かず見逃したのが残念だった。

ジャズ編を見ていると、講師の大谷能生が、ジャズオタクな空気感たっぷりで淡々と、でも興奮も伝わる語り口で歴史を説明してゆくのに対して、山下洋輔の楽しくて仕方無いといったチャーミングさと、子供みたいな表情で音を楽しんだり語ったりの坂本龍一の様子に、自分まで楽しくなってくる。

圧巻だったのが、中学生にモダンジャズの即興をさせてみると、これが凄くって格好良く仕上がって…びっくり!の坂本の表情や、中学生達の音に大学生の音も加わり、山下洋輔、坂本龍一のビッグバンドの誕生で音に溢れた会場は、興奮のルツボと化して演奏を終えたのです。

音楽に慣れた、坂本や山下にとっても特別な演奏だって事が伝わってきて本当に楽しい。凄い凄いと言う言葉が飛び交っていた。

ジャズの変遷なんかも判る事も面白い。マイルスデイビスがもたらしたモードジャズは今のコードが進行せずに、空間が広くリズムだけがうちだされるヒップホップなどに繋るものであったって事らしい。
ラストに、山下 + 坂本 トリオによる演奏の、モンクの『Misterioso』は、格好良くて、楽しいなかなか見る事の出来ない競演でした。
お勧めの番組です。
美術でもこういう番組あったら良いのにね〜
先生が大竹伸朗とかで(*^_^*)


次回放送 5/22土曜日 夜11:45 から
NHK 教育

[PR]
by ransun | 2010-05-20 16:07 | 音楽
f0203580_931142.jpg

f0203580_931277.jpg

f0203580_931260.jpg

f0203580_931253.jpg

たった30分の番組だったのですが、凄い見応えにびっくり…

ベルリンフィルで指揮をするという小学生からの夢を叶えた佐渡裕と、邦楽会の異端児と呼ばれている琴奏者沢井一恵、坂本龍一のコラボレーション。

そりゃあ、見逃せ無い!
沢井さんに依頼された坂本龍一は、直感的に受けた方が良いだろう…って事で作った曲が、新作『琴とオーケストラのための協奏曲』。

佐渡裕は想像的な歴史的な瞬間に皆さんは立ち会う事となる…と語りましたが、この番組を見て受けた衝撃は、そういう事なのかもしれない…と思いました。

教授が、表現しようとしているものが、説明など聞かなくても感じる事が出来る。

静けさの冬に始まり、春の花や木の芽がスローモーションのように広がってゆく姿も、夏の太陽の灼熱の熱さも、坂本が表現した人生に例えた秋が、死に向って逝く道程で、自分も今人生の秋にいる事など、盛り込まれている全てが、音の世界に表現されている。

ただ惹き込まれて泪するだけだ。

母の葬儀後作られたという、この曲。
鎮魂の為にあるという事が、演奏が終わった直後涙ぐんだ目で、納得したようにうなずいた坂本龍一の姿から伝わってきた。

琴奏者の沢井一恵さんも素晴らしかったです。
[PR]
by ransun | 2010-05-17 09:31 | 音楽
f0203580_2284074.jpg

2006年に買って以来…ずっと聞き続けているCDです♪

車で聴くのが多いんですけど…

ボーカル(Jay kay)は、私が大好きな、踊って歌えるスター、そして、メイクはしないけど帽子姿がとても素敵…なので、動画も見たい!というわけて…PVのDVDも愛用♪

最近気付いたんですが、自分は音楽から、やる気を貰いたいタイプみたいで、そういう気分になれるような音楽を自然にチョイスしてたりします。その事から自分深層心理に近づけたりする事に気付いた今日この頃〜

癒されるような曲が多い人は、優しさとかを望んでいたり、本人も優しい人なのかも…

因みに私は、あんまり癒し系の曲は聴きません。どっちかというと、駆り立てられるよいな曲調が良いです。



お勧め ジャミロクワイ


Emergecy On Planet Earth
Canned Heat
Space Cowboy
Virtual Insanity
[PR]
by ransun | 2010-03-24 22:08 | 音楽
f0203580_002172.jpg

f0203580_002164.jpg

f0203580_00213.jpg

TVで、アダムランバートを見て、釘付け…♪

昔から…そういうスター好きなんです。

オマケにゲイなんだって。
そういうのも良いッ!
なんか…中性的な魅力で。

デビットボウイの初期の頃とか…あの人間じゃ無い感じがねッ…

いやいや大興奮☆

実は初めて見たので曲がどうだとか良く判らないんだけど、とにかく存在感が凄い…!

テンションあがりました☆


ヒャハ〜♪


画像…自分でメイクしてるらしい。 凄くないですか〜このひと!


youtube ①
youtube ②
[PR]
by ransun | 2010-03-19 00:00 | 音楽
f0203580_229409.jpg

最近、ブルーム〜ンの日ってありましたよね☆

あれで、『今宵の月のように』を思い出し…この所、エレカシの最近のアルバム、『昇れる太陽』を聞いたら、やっぱり良いんですよ〜(以前にも紹介したけど・・・

なぁ〜んか泣ける…というか。
ボーカルの宮本さん、同年代だからかなぁ…
それとも、若いヒトも好きなのかなぁ…

若い時も、結構好きだったけど今の方が更にググッとくる。

是非、聞いて貰いたいので、YOUTUBEクリックしたら、聴けるようにしてみましたッ♪

新しい季節へキミと

ハナウタ〜遠い昔からの物語
桜の花、舞い上がる道を
↑ 『昇れる太陽』より…

今宵の月のように
悲しみの果て
風に吹かれて
孤独な太陽
[PR]
by ransun | 2010-02-02 22:09 | 音楽
f0203580_20573166.jpg

昨日は、午前中キミを連れて病院へ。

以前からのかかりつけ医、疲れからきてるかもしれないので、一週間ほど休んでは(以前が以前だけに…)…との事で、学校休んでます。


夕方、前からチケットをとってあった、外山啓介のピアノを聞きに行く。
頭が痛くても、ピアノくらい聞けそうなので、キミも連れて行った。

高校生1000円…安すぎる。

妹達も誘ったけど、ノーリアクションなので辞めた。

会場…深川は地味に色々演劇やらコンサートが来るので面白い。
…が残念なくらい、人が入って居ない時がある…

外山さん結構有名だし、しかもチケット安い…!ので、もう少し、席埋まっているのかと思いましたが、半分位空席に見えた…

淋しすぎ…
若い人もほとんど居ない…。
あっ…子供が居ると思って見たら、どの子もバレエ関連の子。

もったいないなぁ…。

外山啓介。
札幌出身で、25才。
2004年、日本音楽コンクールで第一位。
2006年東京芸大卒
現在、大学院在学中

2007年 異例のスケールでデビュー
今後最も活躍する若手アーティストとして期待されている。


始めて、演奏を聞きましたが、凄く面白いコンサートでした。

…というのは、まだ自分の形が出来て居ない、不思議な位無色だったり、ピアニストの人格から来る月夜のような風情、憂鬱で暗い淵のような空気が漂う…、ラフマニノフの曲が、文句無しに人格と一致して演奏に引き込まれたかと思えば、どこか捕らえどころの無いアンバランスさで??みたいになったり。素晴らしい才能とまだ若葉のようなういういしさと、人格からくるアンニュイさで、
完成して居ない面白さでいっぱいのコンサートでした。

これから、どんなアーティストになってゆくのか、凄く興味津津。


ルックスも王子風なので絵になってましたよ。
…とは、言っても私、目を閉じて聞くヒトなので姿ほとんど見てませんが。
最初は、買わないでおこうと思ってましたが、ラフマニノフにやられて買ってしまった。

サイン会で、キミに貰ってきて貰いました♪
[PR]
by ransun | 2009-12-17 20:57 | 音楽
f0203580_0281432.jpg

私にとっての心に残る曲をピックアップしてみました。

じゃじゃ〜ん(日本の歌)☆
一位 朝日のあたる道  OLIGINAL LOVE
二位 月の裏で逢いましょう OLIGINAL LOVE
二位 PRIMAL ORIGINAL LOVE
三位 接 吻 OLIGINAL LOVE
オリジナルラブは、23歳くらいから10年以上聞き続けたバンドで自分にとっては一番永い間好きだったバンドです。
四位 RIDE ON TIME 山下達郎


五位甘く危険な香り    山下達郎  
山下達郎は中三の時が一番嵌っていて卒業文集に載せた詩があきらかに、甘く危険な香りに影響受けまくの詩で今考えると意味不明ですね。


六位 ライディーン YMO中一の芦別生活最後の一年吹奏楽生活を思い出す曲。
七位 SOME DAY 佐野元春  佐野元春は高校生の時を思い出す・・・青春の曲。
八位 銀河鉄道999 ゴダイゴ
←小学生の時初めて買ったシングルレコードでした。
九位 愛について スガシカオ
十位 春夏秋冬 スガシカオ 最初は自分がすきだったスガシカオですが、キミが凄く聞いていたので、キミの荒んだ中学生時代を髣髴とさせる曲となりました。

十一位 MR.LONELY 玉置浩二
十二位悲しみにさよなら 玉置浩二
十三位幸せのランプ 玉置浩二 玉置さんは旭川出身で曲も寒い冬がよく似合いますよね。子育て中アルバム色々聞きましたしライブにも行きました。旭川だったので地元色の強いライで客層大人が多かったです。
十四位彩り    Mr.Children   割と最近の曲ですが癒される大好きな曲です。自分の年代だと恋とかでなく生活を感じる曲になりますよね。

十五位名もなき詩 Mr.Children
おまけ 再会 GACKT GACKT の 代表作だと思います☆締めくくりにふさわしいemoticon-0159-music.gifemoticon-0160-movie.gifemoticon-0158-time.gif

アンコール  オリジナルラブの田島貴夫とスガシカオによる黄金の月←両方大好きな二人のコラボです。GACKTで締めくくるはずが付け足してしまったemoticon-0123-party.gif

写真はオリジナルラブコレクション♪♪♪
ライブも行ったりしてました。

このエントリー更新に、めちゃめちゃ時間かかりましたが、曲と共に色々な思い出があるんだなぁって思いました。
[PR]
by ransun | 2009-09-26 00:28 | 音楽


谷川 俊太郎が、作詞
 
 笑うときには大口あけて
おこるときには本気でおこる
自分にうそがつけない私
そんな私を私は信じる
信じることに理由はいらない
 地雷をふんで足をなくした
子どもの写真目をそらさずに
黙って涙を流したあなた
そんなあなたを私は信じる
信じることでよみがえるいのち ・・・・・




学祭で、三年生歌っていた。
信じることに理由はいらないって・・・凄くよい言葉ですよね。感動しました。
 

青春譜のほうは、三年生の優勝クラスの自由曲・・・上手すぎでしたemoticon-0159-music.gif


課題曲の 時を超えて は見つからず残念 emoticon-0147-emo.gif
[PR]
by ransun | 2009-09-06 20:42 | 音楽
f0203580_23181093.jpg

f0203580_23181025.jpg

f0203580_23181070.jpg

f0203580_23181159.jpg

バレエのお迎え時に、車で聞いていたのは、シベリウスの交響詩フィンランディア。
車でクラシックを聞く時はもっぱらこの曲。

合うんですよ。
北海道の景観に…
この曲はフィンランドでは第2の国歌と言われて愛されている曲なんですって☆

19世紀末から20世紀初頭にかけてロシアの圧制下から独立の気運に燃えたフィンランド国民を鼓舞したのが、この曲だったそうです。

フィンランドの気候は北海道に良く似ていると言われてますよね〜♪

景観も森や湖などに海等共通点があるし、北欧家具に旭川家具など似てきてますよね〜☆

シックリ来るんですよ♪
北海道のドライブに。

夕日のスケールが、さらにアップして見えました(*^_^*)


[PR]
by ransun | 2009-08-26 23:18 | 音楽