手作りを沢山して、子供と楽しみたい。


by ransun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バレエについて

f0203580_015078.jpg

深川を去るときは、再びバレエを習うことが当たり前だと思っていた。

ある程度こちらの生活に慣れてからとも思っていた。

札幌に来て3ヶ月が過ぎ見学を始めたけど、しっくりくる教室が見つからなかった。

レベルが高すぎると感じたり、低すぎると感じレッスン内容に疑問を感じたり・・・

二月には決定して始める予定だったけど、部活にも入りたいな・・・と言い始めた。

真ん中娘は、今まで学習の塾に、通ったことは無かったけど札幌に来て不安になったらしく、4月か
らはバレエではなくて、そちらに決めた。高校生になったら又バレエを始めたいらしい。

そのことを聞いたときは、現実も迫って来るから仕方ないと(両方は高額すぎて無理なので)思っていたけど、末娘まで迷い始めるとは思いもしてなかった。

部活でエンジョイしている従妹の話を聞いたりしているうちに、興味が出てきたらしい。

二月に入る土壇場でまさか、決められないって言い出すなんて・・

ガーン・・・」

遠くのキミが絵を辞めるといってもここまでがっくりはしなかったと思う。

10年続けてきたことから離れるって事がこんなに辛いなんて・・・

と、二月の1週目は思っていたのに、二週目を過ぎた今では他の事をやれる時間も出来たし、それを体験のも世界が広がって楽しいかも・・
と思えてきた。

人間てげんきんだなって思う。

この手に握り締めているものは、
いつでも 手放せなきゃ 駄目なんだと思う。
どうしても、今まで、ずっと握ってきたという事実に囚われる。
本当は大切に握り締めてきたものがいつの間にか空っぽになっているかもしれないのに。


握り締めているものを手放してみたら、もっと素敵でかけがえの無いものが、いつのまにかこの手の中にすっぽり納まっていることも、あるのだから。


あ・・でも、もう1箇所だけ最後に見学してみるつもりです。
1番行かせたかったけど、遠くて見送っていた教室に。
悔いなく終了するために。
[PR]
by ransun | 2011-02-18 23:31 | バレエ