手作りを沢山して、子供と楽しみたい。


by ransun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

限界集落で高齢者支援 年収200万円に応募殺到 宇野嘉祐さん

f0203580_9213755.jpg

f0203580_9213727.jpg

喜茂別町が、募集していたニュースで記憶に新しい方も沢山いるのでは…

住む場所を提供して貰え、一か月に80時間は高齢者支援の為に時間を使う事が条件だが、一年に200万円支給されるのは、魅力的な話だと思うので、どんな人が集まるのか大変興味があったのだが、今日道内ニュースを見ていたら特集していた。


…で驚いたのが、道展で最高賞を授賞した、宇野嘉祐さんも応募していた事。

応募したきっかけは、アトリエが火事になり描く場所を失ってしまった事らしい。
そのニュースは知っていて、心から気の毒に思っていたので、やはり火事は大変だったんだなぁ…と改めて思った。

10/82人 の割合でしか採用されないらしく、手に汗握ってTVに見入っていたら、無事合格だった。

宇野さんはこう語っていた。
「町民の心を芸術を通して豊かにしたい」

面接官は、町の人に絵の才能がある事を知ってもらい、色んな事で町に返してくれる事を望むとの事。

絵を安心して描く事が出来る環境を望む若者、冬場など雪の多い地域で若者の手を望む高齢者…
お互いに幸せって素晴らしいですよね。
二年間という期限付きですが…夢を追う若者も、若者の手が必要な高齢者も、これからずっと存在し続けるのでしょうから、定着すると町の活性化にもなるし成功を期待したい。

宇野さんのこれからの絵も楽しみです。
[PR]
by ransun | 2010-06-08 09:21