手作りを沢山して、子供と楽しみたい。


by ransun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

輪島進一 展 東洲館 30日迄

f0203580_17524173.jpg

f0203580_17524120.jpg

ア・エールの帰りに東洲館による。

写真撮るのは大丈夫でも、ブログ掲載して良いのか判らないらしいので画像載せれません。

感想は…凄い迫力で、圧倒的な作品群でした。

手前の部屋と奥の部屋がありますが、会場を効果的に使った配置で、それぞれの部屋から作家の方の精神の遷り変わりも感じられ見ているものの胸を打つ展覧でした。

二十年程前の作品からは発狂寸前の様な激しい迫力を…最近の作品群は私にとっても馴染みのあるバレエ舞台裏で準備する様子のドローイングや、バレエレッスン様子の油彩で、本番の様子で無い事に又意味を感じました。

バレエの本番を描くという事は精神や本質…を描く事が中心になる様な気がしますが、準備やレッスンがテ-マというのは、むしろ躍動感、生きるエネルギーの方を強く感じます。

バレエの絵画は眼にする事は少ないので、釘付けでした。

見に行って良かったと思いました。
個人的には、ドローイングのバレリーナの化粧や舞台袖に立つ作品が素敵でした。
[PR]
by ransun | 2009-08-27 17:52 | アート