手作りを沢山して、子供と楽しみたい。


by ransun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バレエの帰り道…この所思う事

f0203580_75081.jpg

f0203580_750860.jpg

司馬遼太郎の二十一世紀に生きる君たちへは、大好きな本。
読むと、いつも心洗われる。

なのに、暫くすると何書いてあったかいつも忘れ(阿呆だ自分と思いつつ)もう一度読み直し、清々しいの固まりになる。
品格と優しさと誇りに充ち満ちてるんですょ…

本当にお勧めです。
司馬さん最高ぉ~☆☆

この本は、小学生の国語の教科書のためにかかれたモノなんだよね…

君たち。君たちはつねに晴れ上がった空のように、たかだかとした心を持たなければならない。

しびれる~☆☆子供たちの為に買ったけど自分ばかり読んでる。

カッコイイ~♪


キミと、ちょっと電話で話したら、勉強を優先させるのか、絵を優先させるのか判らなくなっているようだった。

迷走中だ…

でも考えてみたら、判らなくなるよなって思う。
親もいけない。ついつい保険を考えてしまう。

先生から言われた事も、親に近かった…ので、ますます迷走だ…

だから、親も覚悟しなきゃ駄目だなぁ…って思った。

あいまいは無いんだな
でなきゃ、今のベストにつながらない。

でも駄目だったらと思うと安全な道と思うけど…それなら結論は安全な道だけになってしまうんだ。過酷~だけど仕方無い。

何人かに、才能があるかどうかなんて、まだ解らないのに、どうしてそこまでするの?みたいに言われた事がある。

でも…才能があるかどうか解る日って何時なんだ?とも思う。
だから、その時の衝動や勘や楽しいか、そうでないのか…本能的に自分自身をまる事信じてやっていくしか無いと思う。

色んな考えがあり、色んな事言われると迷いそうになる(支えている私自身も)。でも…凄く成功している人ほど、おおらかで好きなように、やりたい様にやってみろ…って言ってくれる。安田侃しかり大竹伸朗しかり…それは、その人達がそんなふうに生きて来て今があるからのような気がする。だから、自分が身を置く場所・出会いも大切だ。自分にかけられる言葉の種類も違ってくるから。少なくとも、振り返った日々が楽しければ、叶わない事があっても幸せでしょう…きっと。
だってそうでなければ、司馬遼太郎の言うように晴れ上がったは空のように、たかだかとした心にはなりずらいような気がする。
…と、色々考えた、今日この頃でありました。


真ん中の子や末娘の様にクリアな夢が無い人は、当たり前な事は、なるべくするようにして、それ以外の時間は好きな時間…本人の衝動に任せた方が良いのかなって思う。見守る方は、それはそれでドキドキするが、その子の人生だ。そんなゆとりがあれば、たいてい自分の好きな事するものだと思うから…適性が自然と見えて来るような気がするのだ。その時期が遅い子は、それでも間に合うって事じゃないかな。

バレエでは無いようなので・・・ちょっと残念だけど仕方ない。
[PR]
by ransun | 2009-06-14 07:50 | 子育て