手作りを沢山して、子供と楽しみたい。


by ransun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

学園天国 ☆ さっきのつづき・・・

キミがこの学校を目指したのは、とにかく絵が上手になりたかったからだ。
でも本音を言えば、三年間寮生活が出来て、卒業することができれば、もうそれだけでも、十分だと思っていました。
しっかり親離れをして、自分に自信がつけば絵は後からゆっくりやっても良いのかなと思ってる。
まず、人として成長して欲しい。。

でも、昨日帰って来たキミの姿を見て、ちょっと欲がでたよ。
寮を出発する時寂しいような気さえしたと、言ってたものね。

であれば、一気に絵のほうに、集中出来るのかもしれないいって。

美術部の顧問の先生から、新入部員が個人面談を受けたらしい
その時、君が言われたのは自分を殺して模索しろ・・・というメッセージだったらしい。
先生はネットで、キミの作品を知っていて、
3年かけて、模索し形を作り花が咲くように・・・・と言ってくれたようだ。

私も、そんな3年になって欲しいと思い送り出していた。 
賞とか関係なく、模索し努力して技術向上だけに夢中になってくれたらと思っていた。
先生のほうから、そんな風に言って頂けた事は本当に、とても嬉しく思う。
また、個展の時に、盛本先生や、さまざまな方に受けた指摘をずばりテーマとして、投げ出され、やはり向き合わなきゃならないテーマだと再確認したよう。

したいようにやっていくことは、楽チンで楽しい。でも嫌でも向き合わなければならない事向き合っていけるか、どうかなんだと思う。
家であれば、絶対出来ない事だよね。どうしても楽してしまうから。
キミが寮生活を、こなせているのも、だからだと思う。

今まで、家で描いていた絵が、 違う場所で作られ進化して行ったら、こんなに嬉しいことは無いよ。
本当に楽しみだなぁ~☆

信頼できる先生たちに出遭えて,本当に良かったね。

まだまだ、いろんな事を、キラキラ話してた。 それが一番嬉しかったよ。
[PR]
by ransun | 2009-04-25 23:44 | キミのこと